次世代農業フォーラム

 本フォーラムは、世界人口増・地球温暖化による食糧危機や異常気象に向け、日本農業の再興と地域活性化(田園回帰)、さらには人道的立場から世界の貧困層幼児の栄養改善事業を目指して、異分野情報交換と相互啓発のための会です。したがって、参加者の専門の如何は問いません。 本フォーラムの特徴は、2つの講演(40分)ごとに、4~5人で構成される5つのグループに分かれ、講演内容について、講師も含めて参加者が対等の立場でディスカッション(15分)を行い、その後、グループ・リーダーのまとめ報告(2分)と報告者のフィードバック(4分)という形式をとっています。また、講演ごとに、グループ・メンバーとグループ・リーダーのローテーションを行います。

  他のフォーラムや研究会と違って、年会費等のオブリゲーションは一切ありません。本フォーラムに来ていただくと、グループ・ディスカッション方式によって、単なる「講演会+名刺交換会」以上の絶大な参加効用が得られます。人財の多様性(DIVERSITY)からなる知の融合が、コラボレーションとイノベーションを創発させます。さまざまなバックグラウンドや経験、考え方をもつヒトの集まり、そこでの刺激が、誰もが思いつかなかった発想やビジネスモデルを呼び起こします。また、講師を含めた参加者が対等の立場で行うグループ・ディスカッションのおかげで、参加者相互の親和感が短期間で高揚し、懇親会も自己紹介紹コーナーで一挙に最高潮に盛り上がり、情報交換、人脈づくりに最適!

次世代農業フォーラム 研究会実績

  座長・荒木義修(株式会社 エー・アソシエイツ研究所 代表取締役)

   事務局長・外村孝史(スマートシニア倶楽部 理事)

≪第1回次世代農業フォーラム(2017年4月28日)≫
①長谷川清(株式会社JEDI、代表取締役)
演題「次世代農業計画」
②田野島鐡也(株式会社ヴェルデ、取締役会長)
演題「植物工場開発」
③東海林義和(日本総合技術研究所)
演題「植物工場の出口としての機能食品

≪第2回次世代農業フォーラム(2017年5月21日)≫
①眞島修(マジマ研究所)
演題「電子霧化水耕法」
②池田祖(池田テクニカル株式会社、代表取締役)
演題「地中熱利用空調システム」
③大山敏雄(GNH工房代表)
演題「植物工場の現状と課題」

≪第3回次世代農業フォーラム(2017年6月24日)≫
①小野瀬由一(特定非営利活動法人VERSTA専務理事)
演題「アグロフォレストリーによるブラジル大西洋沿岸林再生支援事業について」
②増田博美(株式会社グローバルハート、代表取締役)
演題「ケイ素ミネラル農法」

≪第4回次世代農業フォーラム(2017年7月29日)≫
①向井地純一(元全中専務理事、元農林中央金庫副理事長、はごろもフーズ株式会社監査役)
演題「政府の『60年振りの農協改革』を踏まえたJAの『創造的自己改革』」
②吉田一義(有限会社吉田農園、代表取締役)
演題「日本農業の可能性と農産物への情熱」

≪第5回次世代農業フォーラム(2017年9月2日)≫
①佐藤洋一郎(人間文化研究機構理事)
演題「米と次世代農業」
②岩井雅之(株式会社Farmdo 代表取締役)
演題「若者に夢のある新しい農業のカタチ ソーラーファーム」

≪第6回次世代農業フォーラム(2017年10月7日)≫
①島田 修(株式会社 九州屋 取締役相談役、創業者)
演題「『八百屋で日本一になるぞ』を志(こころざし)に」
②蓑田卓龍(株式会社明野九州屋ファーム、取締役副社長)
演題「九州屋直営トマト農場の課題と目標」

≪第7回次世代農業フォーラム(2017年10月28日)≫
①杉野隆宏(株式会社リンガーハット、執行役員)
演題「リンガーハットグループの取り組み」
②佐野孝志(特定非営利活動法人グリーンネットワーク、理事長)
演題「竹林は地域の宝だ!竹資源活用による竹林再生と新規事業創出による地域活性化」

≪第8回次世代農業フォーラム(2017年12月16日)≫
①藤本 潔(井関農機顧問、元農林水産省消費・安全局長、関東農政局長)
演題「農業機械最前線  -農業機械のICT化とロボット化の現状」
②藤本 潔(井関農機顧問、元農林水産省消費・安全局長、関東農政局長)
演題「オープン・イノベーション時代の農工連携」

≪第9回次世代農業フォーラム(2018年1月6日)≫
①清水矩宏(八ヶ岳中央農業実践大学校校長)
演題「振り返ればトップランナー –神津牧場の実践—」
②清水矩宏(八ヶ岳中央農業実践大学校校長)
演題「実践大学校の歩みから見た農業教育」

≪第10回次世代農業フォーラム(2018年2月3日)≫
①進藤昭夫(特定非営利活動法人 蔵前バイオエネルギー 副理事長 兼事務局長)
演題「日本の森林・林業と課題」
②大山敏雄(GNH工房、元キューピ株式会社)
演題「有機野菜の美味しさとリスク-有機野菜は安全で、美味しい野菜なのですか?-」

≪第11回次世代農業フォーラム(2018年3月3日)≫
①安井雅裕(株式会社安井雅裕建築研究所)
演題「建築を活用した『農業』の文化戦略」
②齋藤和興(株式会社セネコム 代表取締役)
演題「センサー(ICT)によるこれまでの農業への取り組みとこれからの取り組み」

≪第12回次世代農業フォーラム(2018年4月28日)≫               ※1周年記念
①内田英憲(日本農業新聞編集局長)
演題「官邸主導の政策決定と安倍農政」
②内田英憲(日本農業新聞編集局長)
演題「農協改革とJA自己改革」

≪第13回次世代農業フォーラム(2018年5月17日)≫
①佐藤洋平(東京大学名誉教授、農学博士)
 演題「環境と調和する農業-EUの農業環境政策から-」
②佐藤洋平(東京大学名誉教授、農学博士)
 演題「農業の公益的機能と日本における農業環境政策」

≪第14回次世代農業フォーラム(2018年6月16日)≫
①杉山純一(一般社団法人米ゲル技術研究所・所長)
演題「米ゲル(ライスジュレ)による高付加価値食品の創出と商品化事例」
②バストへ・オユン(新潟クボタ 米穀部・輸出課課長)
演題「クボタグループにおける新潟県産米の輸出取組み」

≪第15回次世代農業フォーラム(2018年7月14日)≫
①中澤富夫(株式会社 光変換光合成促進農法 代表取締役)
演題「光変換光合成促進農法:1961年ノーベル化学賞 Dr. Melvin Calvin研究の“植物における光合成”を部分的に実践」
②甲斐功一(KUコンサルタンツ 代表)
演題「儲かる地方創生」

≪第16回 次世代農業フォーラム(2018年9月29日)≫
①望月龍也(東京都農林総合研究センター所長))
演題「都市東京における農業技術開発の方向性
-工業分野等との連携による新たな農業イノベーションの創出-」
② 望月龍也(東京都農林総合研究センター所長)
 演題「わが国のイチゴ生産を革新する種子繁殖型品種の開発普及
-低コスト大規模生産と果実・種苗海外展開の可能性-」

≪第17回 次世代農業フォーラム(2018年12月1日)≫
①江嶋 洋(日本原料株式会社 専務取締役)
演題「中小規模水道事業の『新しい水道のかたち』」
②鈴木一良(株式会社有機産業 代表取締役)
演題「最高品質の和牛生産から生まれた循環型農業~高機能性野菜の安定性への取り組み~」
 
≪第18回 次世代農業フォーラム(2019年2月2日)≫
①佐藤洋一郎(京都府立大学和食文化研究センター・特任教授)
 演題「和食文化の研究を―和食文化学科のミッション」
②佐藤洋一郎(京都府立大学和食文化研究センター・特任教授)
 演題「和食文化学会の目指すもの」
 

≪第19回 次世代農業フォーラム(2019年3月2日)≫
①市川洋征(株式会社ビーティエヌ、代表取締役、獣医師、D.V.M)
演題「日本の食材は大丈夫ですか」
②市川洋征(株式会社ビーティエヌ、代表取締役、獣医師、D.V.M)
演題「水酸化カルシウムの活用で新たな可能性」
 
≪第20回 次世代農業フォーラム(2019年4月6日)≫              ※2周年記念
①大山敏雄(GNH工房代表、元キューピー株式会社)
 演題「人工光型植物工場が世の中に存在する意義」
②小川浩史(青森ジャパンファーム株式会社、専務取締役・事業統括)
 演題「後継者不足の農村社会で、外国人材を活用した新たな就農の取組みから」

≪第21回 次世代農業フォーラム(2019年5月4日)≫
①有浦順子(「古民家かもすや」オーナー)
 演題「女性就農者の取り組みと支援」
② 清水幹治(株式会社IoTコンサルタンツ、代表取締役)
 演題「プラスチックゴミも有効活用、新エネルギーシステムによるAI IoT農法」

≪第22回 次世代農業フォーラム(2019年6月1日)≫
① 有江 力(東京農工大学副学長、グローバル教育院長)
 演題「理系研究者は社会の役に立つ人材か?」
② 有江 力(東京農工大学副学長、グローバル教育院長)
 演題「植物も病気にかかる?―植物と病原微生物の戦い―」

≪第23回 次世代農業フォーラム(2019年7月6日)≫
① 生源寺眞一(福島大学食農学類長、東京大学名誉教授)
 演題「近未来の食料・農業・農村」
② 生源寺眞一(福島大学食農類学長、東京大学名誉教授)
 演題「農学教育に一石を投じる」

≪第24回 次世代農業フォーラム(2019年8月31日)≫
※「東京農工大学・学生チームvs次世代農業フォーラム・チーム:協業と投資を目指して」
 学生及び社会人チームからのビジネスプラン発表 4チーム×4分
・和牛の繁殖技術の開発とベンチャー事業化  特任助教  若松弘起
・農産物粉末技術の開発とその事業展開    D2 石川慎之介
・ムスリムフレンドリー食品の情報提供アプリ D1 中井仁美他
・乾燥地農業開拓事業 佐藤千秋(佐藤技術士事務所)

≪第25回 次世代農業フォーラム(2019年10月5日)≫
①原田博夫(いばらき里山バイオマス協議会・会長、専修大学名誉授教授 /松浦晃(㈱つくば林業・代表取締役、NPO法人農都会議・理事)
 演題「森里川海連携思想と“いばらき里山バイオマス協議会”の取り組み」
② 後藤 穂(㈱木風・代表取締役、NPO法人フォーエバー・ツリー・ネットワーク・代表理事)
 演題「木々・環境の再生: 筒型土壌改良材『ブレスパイプ』の仕組みと活用事例農学教育に一石を投じる」

≪第26回 次世代農業フォーラム(2019年11月2日)≫
① 倉田篤志氏、一般社団法人Japan Social Standard協会・代表理事)
 演題「小売り視点から見る農業の活性化」
② 杉浦武雄氏、株式会社ラジアント・代表取締役
 演題「施設ハウス栽培での有機農法」

≪第27回 次世代農業フォーラム(2019年12月7日)≫             ※ 政治社会学会(ASPOS)と共催
①大島 曜(日中環境協会事務局長)
 演題「中国6次産業化プロジェクト:『水田農業4.0』安源農業 顧客満足度を最大化する工程と品質の可視化」
② 宋 青宜(日中環境協会理事長)
 演題「ITによる農業技術の継承:誰でも使える“農家の勘”を創りだす」

≪第28回 次世代農業フォーラム(2020年2月1日)≫              ※ 早稲田大学先端社会科学研究所と共催
①南 丈裕(株式会社イーピーエス株式会社、代表取締役)
 演題「障害者と共に取り組んだ農業~新たな付加価値創出~」
②岸田義典(株式会社新農林社、代表取締役社長)
 演題「新たな農業機械化の必要性」

※2020年2月~2021年6月まで、新型コロナ禍でお休み

※2021年7月以降、オンラインに移行

≪第29回 次世代農業フォーラム(2020年7月4日)≫               ※ オンライン3周年記念フォーラム
①澁澤 栄(東京農工大学特任教授/慶應義塾大学特任教授)
 演題「災害社会に順応する農業の課題」
②飯泉仁之直、農研機構 気候変動研究領域・影響予測ユニット 主任研究員
 演題「気候変動下の世界の穀物生産」

≪第30回 次世代農業フォーラム(2020年8月1日)≫               ※ 第30回記念                                  
①宮澤公栄(エコア株式会社 代表取締役社長)
 演題「スーパーマーケットにおける新型コロナウイルス等感染症 予防対策の手引書 概要」
②原 丈人(アライアンス・フォーラム財団 代表理事、デフタ パートナーズ グループ会長 、内閣府参与)
 特別講演「公益資本主義と次世代農業フォーラム
  ―寿命を全うする直前まですべての国民が健康で暮らせる 世界最初の独立国家日本―」

≪第31回 次世代農業フォーラム(2020年9月5日)≫ 
①仁木佳男(一般社団法人・南紀自然エネルギー、代表理事)
 演題「地域主体による再エネ利活用の取組み」
②玉井常貴(農業法人株式会社・秋津野、代表取締役会長)
 演題「地域づくりにおける再エネの可能性」

≪第32回 次世代農業フォーラム(2020年10月3日)≫
①丹羽真清(一社・日本ヘルスケア協会 理事 「野菜で健康推進部会」部会長)
 演題「農業と人の健康に関係する有用菌」
②合原亮一(一社・自然エネルギー信州ネット理事)
 演題「温暖化と農業と地域課題を解決するソーラーシェアリング」

≪第33回 次世代農業フォーラム(2020年11月3日)≫
①丹羽真清(一社・日本ヘルスケア協会 理事 「野菜で健康推進部会」部会長)
 演題「青果売り場は食の薬局 ~野菜本来の価値を伝える~」
②西村訓弘(三重大学副学長、同大大学院地域イノベーション学研究科・教授)
 演題「ポストコロナ時代の地方の姿を感じさせる新たな動き ~三重県での事例を基に~」

≪第34回 次世代農業フォーラム(2020年12月5日)≫
①福永庸明、(イオンアグリ創造株式会社、代表取締役社長)
 演題「日本の農業を考える」
②八木洋憲(東京大学大学院農学生命科学研究科、 准教授)
 演題「都市農業の新たな展開と持続可能性」

≪第35回 次世代農業フォーラム(2020年12月5日)≫
①陰山康成(品川メディカルモール・センター長)
演題「薬物をださず、野菜を処方する医療機関!!」
②井出亜夫(元経済企画審議官、元慶應義塾大学教授)
演題「コロナウィルス・パンデミックに当って現代社会を考える」

≪第36回 次世代農業フォーラム(2021年2月16日)≫
① 杉原 淳(SIGN Water Research Institute サイン水研究所 所長)
演題「日本再生の大きな柱—これからの農業はどうあるべきか」
② 市川洋征((株)ビーティエヌ、代表取締役、獣医師)
演題「人の健康に関わる-生命食-」

≪第37回 次世代農業フォーラム(2021年3月20日)≫
① 横川敏幸(KANTAN株式会社、代表取締役)
演題「ここを押さえればカンタン!東南アジア輸出ビジネスポイント」
② 長野京子(サケ・ラバーズ株式会社、取締役)
演題「日本酒業界とオンライン酒蔵ツアー」

≪第38回 次世代農業フォーラム(2021年4月29日)≫             ※ 4周年記念
① 小林 拓(株式会社九州屋、代表取締役社長)
演題「青果小売から見た、これからの青果流通」
② 谷貝 忠(谷貝鐵工所、代表取締役)
演題「可視光の青による害虫忌避」

≪第39回 次世代農業フォーラム(2021年4月29日)≫             ※ エー・アソシエイツ研究所創立4周年記念
① 橋本幸雄(ANBジャパン株式会社、会長)
演題「マクロビ酵素栽培について」
②廣瀬光昭(株式会社三光ファーム、代表取締役)
演題「抗酸化野菜栽培ー異業種から農業に参入ー」

≪第40回次世代農業フォーラム(2021年7月3日)≫
※40回記念フォーラム
① 亀岡孝治(三重大学名誉教授、一般社団法人ALFAE代表理事)
演題「データ駆動型アナログ社会における地域プラットフォーム型六次産業化の可能性
   -持続可能な地域フードシステムに向けて-」
②尾藤環(辻調理師専門学校・企画部部長、産学連携教育推進室・室長)
演題「大きく変化するパンデミック後の食の価値
   -パンデミック後はグリーン分野で日本が世界最先端になる?-」