緊急・新型コロナ感染防止セミナー「新型コロナに効く食材と心の免疫力(人間力)」

各位

 7月31日には東京での新型コロナ感染者数が4000人を超し、極めて異常な事態が発生しています。このような厳しい事態にどのように対処していけばいいのでしょうか。ワクチン接種を、副作用等を理由に拒否する方もおられる一方、ワクチン接種を受けられないまま感染し、自然に抗体ができあがって回復する人もいますが、脱毛、記憶障害、睡眠障害、集中力低下などの原因不明の後遺症に悩まされています。また食材・サプリ・プロバイオティクスなどを摂取し、自然免疫(腸内環境)を整えて、感染から身を守るという方法もありますが、それとても、メンタルな問題が免疫力低下を引き起こすこともあり、限界があることは言うまでもありません。感染予防にはワクチンによる獲得免疫の誘導と記憶形成が必須であることは間違いないように思えますが、ワクチンといえども人間が考え出したものである以上、99%が正しいとしても、残りの1%は不確実な要素がつきまとうと言った方が正確かもしれません。しかも、このまま感染者数が急増していくと、医療崩壊は必至で、医療をまったく受けられないまま自宅療養を強いられる可能性も出て参ります。このような混沌とした状況の中では、エビデンスと情報源を注視しながら、問題点を浮き彫りにし、「自分の体は自分で守る」ということの意味合いを、さらに一歩進めて吟味していく必要があることを、本セミナーで訴えかけて参ります。 
 また、国際医療福祉大などの研究チームによるワクチン接種意識調査によると、半数以上が接種に積極的ですが、20歳代女性の58・7%、30歳代女性の57・7%が消極的で、うち7割以上が「副反応」が理由だとしています。https://news.biglobe.ne.jp/trend/0727/ym_210727_6875558716.html
 したがって、本セミナーでは、「中和抗体精密検査」ばかりでなく、副反応が生じるかどかを調べる「ワクチンリスク検査」についての最新の情報にも言及致します。

【講演内容】
1)新型コロナに効く食材 & グループディスカッション(GD)
2)自然免疫力と獲得免疫力:感染軽症・無症状の回復者の存在 & GD
3)腸内環境の整備:免疫力をつける食事方法 & GD
4)ストレスと心の免疫力(人間力)& GD
5)mRNAワクチン & GD
6)もし家族が感染したら & GD

7補)今必要な医療は、No.1はワクチンリスク検査、No.2は中和抗体検査!

【会場】オンラインによる講演と質疑応答(所要時間1時間を予定)
【参加費】無料
【開催日と申込方法】
 有料セミナーは終了いたしましたので、現在、毎週金曜日午後7時から8時まで、一般向けの「新型コロナ感染防止」無料セミナーを開催しています。下記のPEATIXのURLをクリックして、お申込みいただければ幸いです。

1)8月20日 https://peatix.com/event/2717131/view

2)8月27日 https://peatix.com/event/2717141/view

【コーディネーター紹介】
荒木義修(あらきよしのぶ)
大阪市出身
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程終了
法学博士(政治学)
前武蔵野大学法学部教授
A・アソシエイツ研究所・代表取締役
次世代農業フォーラム・座長
GDI公認 企業研修コーディネーター
(Adventures In Attitudes)

LINE: https://lin.ee/CZEn0Fo
FB: https://www.facebook.com/yoshinobu.araki.5

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です