第49回 次世代農業フォーラムのご案内


各位

 梅雨の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、7月9日(土、午前中)に、下記のごとく、第49回次世代農業フォーラムを開催致します。技術士の藤原俊六郎氏と大木久光氏のお二人に、最先端技術や環境問題についてのたいへん興味あるご報告をお願いしておりますので、知人、友人お誘い合わせの上、是非、ご出席賜れば幸いです。報告要旨は後日お送り致します。

 参加を希望される方は、下記URLを、Ctrlを押しながらクリックして、Peatix参加チケットをご購入してお申し込みいただければ幸いです。

https://peatix.com/event/3277962/view

 なお、今後のフォーラムの運営方式につきましては、参加費無料から有料に戻し、将来的に会員制導入を検討致したく思っておりますので、今後ともよろしくご指導賜りますようお願い申し上げます。

 また、「AIA・心のアドベンチャー」プログム説明会追加のご案内を添付しておりますが、コロナ禍やウクライナ問題などのテレビ報道に、長時間釘付けになることから生まれる抑うつ感や不安感を、同プログラムが抑制するばかりでなく、問題解決能力や技術革新力をも、われわれに自動的に身に着けさせるものであることも分かって参りました。

次世代農業フォーラム・座長
GDI(GROUP DYNAMICS INSTITUTE)グループ
荒木義修

日時:令和4年7月9日(土)8時30分~12時30分
会場:ZOOMによるオンライン・フォーラム
会費:参加費 2,000円 

【プログラム】 総合司会 荒木義修(次世代農業フォーラム・座長)
8:30-8:45 アイスブレーク(参加者を和ませるグループディスカッション)
8:45-8:50 開会の辞 
8:50-9:30 講演①「亜臨界水処理(水熱分解)により有機性廃棄物を液肥に変える」
<藤原俊六郎、技術士事務所 Office FUJIWARA 代表> 
9:30-10:10 グループディスカッション、グループ・リーダー報告、

報告者のフィードバック
10:10-10:20 <休憩>
10:20-11:00 講演②「CO2地球温暖化論への疑問と農業との関係」
<大木久光、(株)大木環境研究所(OERO) 代表>
11:00-11:40 グループディスカッション、グループ・リーダー報告、

報告者のフィードバック
11:40-12:30 「参加者の自己紹介コーナー」 お一人1分間スピーチ
  閉会セレモニー、希望者のみWEB懇親会

【藤原俊六郎氏のプロフィール】
《略歴》
神奈川県農業技術センター副所長(兼)企画調整部長
社団法人 農林水産情報協会 情報システム部長
明治大学黒川農場特任教授
技術士事務所 Office FUJIWARA 代表
《資格》農学博士・技術士
《表彰》農業技術功労賞、日本土壌肥料学会賞
《著書》『新版図解 土壌の基礎知識』(農文協)他多数

大木久光氏のプロフィール】
《略歴》
1944年 福岡生まれ、申年、77歳
1968年 九州大学工学部卒業、三井金属鉱業(株)入社、操業管理・公害防止
1978年 サンタルイサ鉱業株式会社(ペルー)出向、工程管理・公害防止
1981年 三井金属鉱業(株)復職、中央研究所配属 資源開発技術・環境保全技術・リサイクル(再資源化)研究開発
1986年 三井金属資源開発(株)出向、ODA 業務担当
2001年 国際協力事業団(JICA)用務従事、コロンビア国長期派遣専門家
2002年 三井金属資源開発(株)復職、資源開発・環境保全業務・ODA業務担当
2004年 三井金属資源開発(株)定年退職、引き続き嘱託としてODA 業務担当
2007年 大木環境研究所設立、資源開発・環境保全・ODA 業務実施
2014年 株式会社大木環境研究所設立(株式会社化)し現在に至る
《資格》
技術士(資源工学部門、環境部門) 第 25133 号
公害防止管理者(水質 I 種) 第 63271 号
環境サイトアセッサ- 経産省(JEMAI)登録 S0164
放射線取扱主任者(II 種) 第 10321 号
《専門技術》
(1) 水質汚濁調査対策
(2) 土壌地下水汚染調査対策
(3) 資源開発関連・都市鉱山技術
(4) 放射能汚染除染

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP