会社情報

ご挨拶 

「農業大国日本への道」

代表取締役 荒木義修

  日本社会の低迷は、60年代の高度経済成長後にやってきた1973年の石油ショックに端を発しているといことに気づいている日本人は、少ないかと思います。アメリカは、ヒッピーの出現にみられるごとく、ベトナム戦争で大きく変わって行きました。日本も同様に第1次石油ショックで、日本経済が低成長時代に入り、多くの日本人が精神的な衝撃を受けてしまいましたが、そのことを深く意識することなく、無為な日々を送って参りました。日本社会の変容は、石油ショック後の離婚率の増大や、「ゆとり」教育などに端的に現れていますが、第2次石油ショックあたりからは、オーム真理教などにみられるような第3次宗教ブームに突入して行きました。

 さらに、いわゆるバブル経済が1990年代に入って破綻をきたし、日本経済はさらなる低迷を余儀なくされ、「失われた20年」を迎えますが、この長期的な経済不況が、日本人の心にいかに影響を与えたかは、測り知れないものがあります。1998年以来、14年連続自殺者が3万人を超える状況が続いたことも、不況による会社倒産と無関係でないことは、この時期の特徴的な出来事でもありました。追い打ちをかけるように、2008年にはリーマンショックが日本を襲い、その後も長期的な経済的低迷から脱し切れない閉塞感が漂っていました。

 そのような状況の中で、突如立ち現れたのが、新型コロナによる世界的なパンデミックであったことは、ご承知の通りです。日本国内でも、ワクチン接種が始まったものの東京都の新型コロナ感染者数の下げ止まり現象、変異ウイルスの国内浸透、欧州からのワクチン確保の不透明、一般国民ワクチン接種の遅延等、不安材料が多々あり、まだまだ予断を許さない状況が続いていくかと思われます。

 その一方で、コロナ禍による国内の経済的な落ち込みは、日増しに一段と厳しいものになっていくと予想され、打開する目途が立っているわけではなく、混迷の時代に突入していくことを覚悟しなければなりません。コロナ禍以前の経済状態にもどるにも、少なくとも数年を要すると言われています。したがって、私見ですが、日本が生き延び行く道としては、現状の工業生産を維持しながらも、当面、「農業大国への道」を切り拓いていくしかないように思えます。一番身近なアメリカは、コインの表側は誰もが知る経済大国ですが、コインの裏側は、隠せもしない農業大国なのです。

代表取締役 プロフィール

荒木義修(あらきよしのぶ)

大阪市中央区 生まれ

慶應義塾大学法学部政治学科卒
同大学院法学研究科修士・博士課程修了 法学博士(政治学)
前武蔵野大学法学部教授

専門分野:政治心理学、選挙の実態調査、統計解析

現在、エー・アソシエイツ研究所・代表取締役 次世代農業コンサル
  次世代農業フォーラム・座長  武蔵野大学客員教授
  Adventure in Attitudes 企業研修 GDI公認コーディネーター

    
 経営(学)における「志」と「やる気」という概念研究に従事する傍ら、抑うつ、いじめ、ネット依存症、自殺などの問題に関心を寄せ、現代若者の社会的病理の解明に取り組んできた。また、公益資本主義(「企業は社会の公器」)とは何かを探求し、さらに、月例「次世代農業フォーラム」を主催する傍ら、「農業大国日本への道」を模索している。

【著作】

共編『政治心理学』(北樹出版)

単著「プログラム(設計)科学、文理融合、進化論的アプローチ(試論)」(武蔵野大学政治経済研究所年報、第9号、韓国語文献登載論文の邦訳

単著「日本の高等教育における新たな動向とマズローの階層的欲求―『積極的人格』と『政策作成能力』の淵源についてー」『武蔵野法学』第5号)

単著「言語、恣意的約束事、遺伝子ー神なき後の社会秩序と進化論ー(試論)」(共編『政治と言語』愛育出版、所収)

ほか多数。