「ためじ」農業用成長活性剤(商標登録申請中)

~農薬を不要にする植物性由来の天然活力剤~

 「ためじ」は、アミノ酸、ミネラル、有機酸等を含むナノ化された秘伝の原液で、植物由来の天然の活性剤であり、人体に害を与えることはありません。散布機、ドローンなどを使用、希釈して葉面散布すれば、作物が元気に育ち、虫が寄り付かず、完全無農薬栽培が可能です。 
無農薬なのに虫が寄り付かないのは、「ためじ」が触媒となり、ファイトケミカルが植物体内に多量に生成されるからだと考えられます。ファイトケミカルとは、植物が紫外線や害虫から身を守るために作った抗酸化物質です。虫は人間のように消化液をもたないので、低分子の有機物で成り立つものしか消化吸収できません。ところが元気な野菜には、分子量が高いファイトケミカルが多量に生成されるので、それを分解するには消化液が必要なり、消化液をもたない虫は、元気な野菜を食べることができず、寄り付きません(菌ちゃん農法、吉田俊道氏講演より)
 さらに、「ためじ」を土壌に散水すると、根圏等にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌優位の環境が整えられ、善玉菌が分解した栄養分等を根が吸収するという生育過程が一層効果的に促進されます。その結果、旨みのある作物を収穫増することが可能となり、抗酸化力も期待されます。
「ためじ」 で栽培した作物(とくに菊芋などの食物繊維)を摂取すると大量のオナラ(水素)が発生します。腸内のいくつかの細菌は嫌気性発酵と呼ばれるプロセスで大量の水素を産出することが知られていますが、「ためじ」で栽培した野菜などを摂取すると、水素を生成する腸内細菌が増加すると考えられます。また、腸内細菌由来の水素が、吸入などによる水素ガスと同様の抗酸化作用があることも検証されています。なお、外部から電解水素水などを散布して抗酸化成分を増加させる農法とも根本的に大きな違いがあります
  

 

       

 

PAGE TOP